看護師として長く働くことを希望しているならば、資格の種類について詳しい情報を集めましょう。とりわけ注目が高まっている資格として、専門看護師と認定看護師が挙げられています。資格を取得しておくとキャリアアップを実現することができるため、関心が集まっているのが現状です。まずは、専門看護師と認定看護師の違いについて把握しておきましょう。専門看護師とは、特定の分野に対して専門的な知識と技能を持つ看護師です。がん看護や慢性疾患看護などの分野で活躍しています。認定看護師は専門分化された看護分野において、熟練した技術を持つことが必須です。救急看護や手術看護など、より高度な技量を要する分野に所属しています。

専門看護師および認定看護師の資格を取得していると、さまざまな医療機関で重宝されるでしょう。転職活動を行う場合にも、採用される確率が大幅にアップします。また、看護管理者などキャリアアップを目指している方にとっても有意義な資格です。関心があるならば、資格取得に向けて情報収集を行うことが大切となってきます。定められた年数の勤務経験がある看護師ならば、誰でも審査を申請することが可能です。専門看護師は、書類審査および筆記試験を受ける必要があります。認定看護師は、6か月の教育課程を修了した後に筆記試験を受ける流れです。なお、どちらも定期的に審査を受けて資格を更新しなければいけません。ここではそれまでの実績を審査されますので、看護師は仕事に対してのやりがいを感じることができるでしょう。