業務独占資格を必要とする職業である看護師は、転職が有利ゆえに転職回数が増えやすい傾向にあります。転職の理由として多いものには、仕事にやりがいを感じられない、キャリアアップが期待できない、教育体制に問題があるなどが挙げられているようです。また、職場の医師のモチベーションが低いと、看護師や薬剤師などのスタッフにも影響します。現在の仕事内容に不満を感じている場合は、キャリアアップに役立つ資格を取得するのもいいでしょう。認定看護師や専門看護師などは根強い人気があり、他にもケアマネージャーや臨床心理士などを取得する人が増えています。資格はあって困るものではなく、転職する時の大きな味方になってくれるでしょう。

また、その他の理由として多忙すぎる、仕事に対して給料が見合わない、職場の雰囲気が悪いなどもあります。大きな職場であるほど多忙になる傾向があり、逆に小規模な職場はゆとりがある場合が多いです。しかし、キャリアアップの面でいえば規模の大きい職場の方が好ましく、若いうちに大病院での勤務を経験しておくと後々楽になります。診療所やクリニックなどは仕事内容の幅が狭くなりますが、気軽に働きたい人にとっては最適です。転職する前には仕事内容や人間関係などをリサーチしておく必要が欠かせません。なお、自分に合った職場を見つけるためには、看護師専門の転職サイトを活用する方法がオススメです。職場の教育方針やコンセプトなども確認し、自分との相性を確かめましょう。